HOME インタビュー / Saori Shadovitzさん

Cheer*full Woman
インタビュー

Saori Shadovitzさん(小学校教諭)

教師として、ママとして。
子どもたちの成長を二つの視点で感じる喜び。

今回のCheer*full Womanインタビューは、Saori Shadovitzさん。アメリカ人のご主人とかわいい娘さん2人と福島駅近くにお住まいです。昔からの夢だった学校の先生として、多くの子どもたちの成長を見守ってこられ、現在は育児休暇中。学校の先生、そしてママとしての視点から、子どもたちや街への思いをお聞きしました。

40人の生徒より、2人の娘に手を焼く日々

40人の生徒より、2人の娘に手を焼く日々

「40人の生徒を見るよりも、2人の我が子を見る方が大変なんだってびっくりしました。」
元気いっぱいの1歳の娘さんを連れてインタビューに応じてくださったSaoriさん。ご家族はアメリカ人のご主人と娘さん2人の4人家族です。初めての育児とはいえ、仕事ではいつも小学生40人ほどを見ている立場。我が子はたった2人だから大丈夫だろうと思っていたそうですが、むしろ大変だと実感されたそうです。
「小学校に来ているときは、どの子も頑張ってるんだなって改めて感じました。外ではちゃんとしないといけないという意識があるんですね。集団の中での自分をちゃんとわかっています。でも家に帰ると違う場合もあるようですね。『家ではちゃんとしてくれなくて困っている』と保護者の方からお聞きすることがあるのも納得。うちの娘も、幼稚園ではしっかり先生の話を聞いたり、お友達におもちゃを譲ったりするようですが、家ではそうでないことも多くて手を焼いています。教師歴は10 年以上になり、ずいぶん慣れてきましたが、ママとしてはまだまだですね。」

「必ずみんな成長する」という確信が原動力

「必ずみんな成長する」という確信が原動力

Saoriさんは三姉妹の次女。幼い頃から、ご両親にくっついているよりも、積極的に他の人と関わっていけるタイプだったそうです。学校の先生も大好きで「両親と同じくらい、学校の先生にも愛情を求めていたのかもしれないですね。先生に褒めてもらいたくて頑張っちゃうところもありました。」そんなSaoriさんだからこそ、小学生の頃から夢は学校の先生。高校生の時にもらった「小学校の先生が向いているよ」という助言に後押しされ教育大に進学し、夢を叶えるために必要な小学校の教員免許を取得しました。

念願だった小学校の教師になって10年間、仕事に打ち込んだSaoriさん。子どものころからの夢が叶ったとはいえ、大変なことも多いはず。でも「3学期が終わるときに、苦労も全部チャラになるんですよ。子どもたちって絶対成長します。それを実感できるから、また次の学年も頑張ろうって思えます。」と笑顔で話される様子が印象的でした。ご自身のことを認めてくれ、夢を応援してくれた先生への感謝が、自分も「子どもたちの夢を応援したい」という思いにつながっているようです。

出身地は関係ない、いろんな人に開かれた街

出身地は関係ない、いろんな人に開かれた街

「教師は天職」というSaoriさんですが、今は産休・育休で4年ほど仕事からは離れていらっしゃいます。「尊敬する先生から『教室にいる子どもたちには家に帰れば家族がいる。自分の子も同じこと。自分の子には自分しかいないんだよ。』という言葉をもらいました。仕事復帰することは決めているので、今しかできないこと、今だからこそ過ごせる時間を大切にしたいと思っています。」と話すSaoriさん。今は、子どもたちとの時間を目一杯楽しんでいらっしゃいます。

市内には意外と公園も多く、子どもたちとのお散歩スポットもたくさん。川沿いを歩いて、船に手を振ったり、お子さんもとても楽しそうです。「この辺りは、地方、そして他の国から来た人も多いんです。若い人も多いですし。私も夫も地元ではないんですが、出身地に関係なく開かれたエリアのように感じます。」とのこと。確かに観光客の方も多く、様々な国の人が自然に歩いている街。大阪弁以外の言葉、日本語以外の言葉が飛び交う街は、大阪らしさとは一見かけ離れているように思えます。しかし、いろんな個性を受け入れる懐の深さ、そして個性豊かな雰囲気もまた、大阪らしさなのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

2016.08.19活動エリア 福島駅

2016.08.19
活動エリア
福島駅
Profile
Saori Shadovitz(サオリ シャドビッツ)

大阪府内にお勤めの小学校教諭。大学卒業後、子どもの頃からの夢である小学校の先生に。現在は育児休暇中。アメリカ人のご主人と2人の娘さんとともに大阪市内に在住。歴史が好きで、趣味は大阪市内の史跡めぐり。

BackNumber 過去のインタビュー

インタビュー一覧へ

コラム一覧はこちら

Reccommendおすすめ記事

この記事を書いた人
熊田美佐
熊田美佐

ライター、ネットショップ「おしゃれなふくさ専門店choco*t」オーナー ライター・広報企画 2013年「おしゃれなふくさ専門店choco*t」を立ち上げ、カジュアルなふくさの制作販売を開始。商品以上に、多くのメディア露出につながる広報企画やライティング力が評判となり、2016年よりライティング業に専念。クライアントの想いをくみとるヒヤリング力と、最適な表現の提案に定評があり、「想いをカタチに」を軸に事業主をサポートしている。著書はAmazonKindle総合1位獲得。阪神甲子園駅近くに住む三児の母。

熊田美佐ホームページ

Project HANSHIN女性応援プロジェクトの取組み

  • 家事おたすけサービス 家事おたすけサービス

    掃除、洗濯、料理などの家事を忙しいみなさんに代わって行い、女性にひと休みしていただけるよう、支援するサービスです。キャンペーン番号「275」でベアーズの家事代行などのサービスが5%OFF!

  • 子育てシェア 子育てシェア

    AsMamaが展開する、ご近所の顔見知り同士で子どもの送迎や託児を頼り合う、 インターネットを使った安心・便利なサービスの普及を応援しています。

  • mama’s smile KID'S SMILE

    阪神電車と武庫川女子大学の産学連携プロジェクト。子育て中のご家族に役立つ沿線公園ガイド&遊びに関する情報が満載です。

チアフルサポーター募集中

Cheer*full Columnコラム

一覧を見る

Cheer*full Womanインタビュー

「自分の人生は素晴らしい」 感謝の想いを込めたプレゼントで愛の波紋を拡げてゆく (ハモン 新美早紀さん)

「自分の人生は素晴らしい」 感謝の想いを込めたプレゼントで愛の波紋を拡げてゆく ハモン 新美早紀さん

バックナンバーはこちら

公園ガイド

PAGE TOP