HOMEコラム / チアフルライター通信 / 【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

Cheer*full Column
コラム

チアフルライター通信

チアフルライター

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

毎年4月から11月の第3日曜日はデゴイチの八っちゃんの無料開放日

毎年4月から11月の第3日曜日はデゴイチの八っちゃんの無料開放日

神戸在住のチアフルライターやまさんです。大物駅のそばにある大物公園には「八っちゃん」と呼ばれるデゴイチが静態保存されており、尼崎市では毎年4月から11月の第3日曜日に八っちゃんの無料開放見学を行っています。今回は4月17日に開催された開放日の様子と、八っちゃんの保存活動を続けている「尼崎デゴイチの会」の活動についてご紹介します。

朝から大盛況のデゴイチ開放日

朝から大盛況のデゴイチ開放日

デゴイチの八っちゃんは阪神大物駅の北側にある大物公園の中に保存されています。この日はピカピカに晴れた見学日和でした。実は大物駅周辺には14ヶ所も公園があり、ちょっとした公園天国となっています。

 

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

現在時刻9:59、開放1分前ですが、既にこんなに行列ができています。見学客の皆さんに伺ったところ、尼崎市の広報誌「市報あまがさき」を見て来たのだそうです。ほとんどのお客さんは小さいお子さんを連れた親子連れでしたが、なかには鉄道マニアの方も。最近では女子鉄(女性の鉄道マニア)やママ鉄(鉄道好きのお母さん)も増えて来たとか。

 

子供たちの中には新幹線のお医者さん、ドクターイエローの帽子やレールスターが描かれたシャツを着て並んでいる子もいて、かなり気合が入った様子。開放日にお客さんの誘導や八っちゃんの説明をしているのはボランティア団体「尼崎デゴイチの会」の皆さんです。

 

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

アルコール消毒をして1組ずつ中に入ります。

 

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

運転席に登りたい場合、ここでも並びます。運転席に上がれるSLは国内でも滅多にないそうです。

 

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

尼崎市内にお住まいの瑠偉君に写真をお願いすると快くピースサインをしてくれました。瑠偉君は幼稚園の落ち葉拾い行事の時に1度大物公園に来たことがあるそうです。開放日にはこんなふうに機関士の帽子を借りて運転席で写真を撮ることもできます。

 

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

八っちゃんの前で記念撮影。お願いすればボランティアの方にシャッターを押してもらえます。

 

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

本日一番乗りのお客さん、モリフクロウのおかゆちゃんです。大阪からフェイスブックを見て来たのだとか。おかゆちゃんは子供たちから大人気でした。

 

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

柵の中には八っちゃんについての説明や蒸気機関車の仕組みなどのパネルが掲示されていて、大人が見ても興味深いです。

 

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

これは1967年頃に活躍していた八っちゃんの勇姿。

 

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

全国で動態保存・静態保存されている八っちゃんの仲間たち。どの写真も尼崎デゴイチの会の方が自ら足を運んで撮影したものだそうです。

 

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

2020年に大ヒットした漫画「鬼滅の刃」、その劇場用アニメ「鬼滅の刃 無限列車編」に登場した無限列車のモデルとされている8620形蒸気機関車8630号機の写真もありました。大正3年生まれのこの車両は、現在京都鉄道博物館に動態保存されており、昨年「無限」のプレートをつけた無限列車仕様で展示されたそうです。

 

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

写真:これは昨年の12月3日から今年の1月10日までの約1ヶ月間、八っちゃんが大物公園に来て以来初めてライトアップされた時の写真です。ライトアップは今年の年末年始にも予定しているそう。

 

ボランティアの方の話では、これまでの最高来客数は350人だそうですが、この日は記録更新になりそうだとのことでした。

大物駅構内にオムツの自販機が設置され、パパママの強い味方に

大物駅構内にオムツの自販機が設置され、パパママの強い味方に

今年2月2日、ダイドードリンコと阪神電車が協力し、阪神電車の沿線活性化施策の一環として、子育て世代を応援するため、赤ちゃん用紙おむつが飲料と併せて購入できる自動販売機が阪神大物駅改札内に設置されました。

 

現在、ダイドードリンコはセコム医療システム、大王製紙と共同でベビー用紙おむつ2枚入りパックを展開しており、紙おむつが購入できる飲料とコラボした自動販売機が39都道府県のサービスエリア、道の駅、大型商業施設、複合施設に200台以上設置されています。関西の交通機関では大物駅のほか、大阪メトロの扇町駅、西長堀駅、住之江公園駅、西梅田駅、北浜駅にも同様の自販機があるそうです。

 

【前編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園

紙おむつ2枚入、おしり拭き70枚入、各240円です。こういった自販機が各地に増えると、お子さんを連れたお父さん、お母さんも安心してお出かけできそうですね。

 

【後編】SLファンの愛が支えるデゴイチ八っちゃんの保存活動@大物公園へ続く

2022.05.07関連エリア 大物駅

2022.05.07
関連エリア
大物駅

BackNumber 過去のコラム

バックナンバーはこちら

コラム一覧はこちら
インタビュー一覧はこちら

Reccommendおすすめ記事

Project HANSHIN女性応援プロジェクトの取組み

  • 家事おたすけサービス
    家事おたすけサービス

    掃除、洗濯、料理などの家事を忙しいみなさんに代わって行い、女性にひと休みしていただけるよう、支援するサービスです。キャンペーン番号「275」でベアーズの家事代行などのサービスが5%OFF!

  • 子育てシェア
    子育てシェア

    AsMamaが展開する、ご近所の顔見知り同士で子どもの送迎や託児を頼り合う、 インターネットを使った安心・便利なサービスの普及を応援しています。

  • mama’s smile
    KID'S SMILE

    阪神電車と武庫川女子大学の産学連携プロジェクト。子育て中のご家族に役立つ沿線公園ガイド&遊びに関する情報が満載です。

チアフルサポーター募集中

Cheer*full Columnコラム

一覧を見る

Cheer*full Womanインタビュー

“親の役割”を思い出して幸福感に満たされる インタビューサービス「声のアルバム」( 3good(スリーグッド)光川和子さん)

“親の役割”を思い出して幸福感に満たされる インタビューサービス「声のアルバム」 3good(スリーグッド)光川和子さん

バックナンバーはこちら

公園ガイド

PAGE TOP