HOMEコラム / チアフルライター通信 / 画家・絵本作家ミロコマチコ「いきものたちはわたしのかがみ」が開催中

Cheer*full Column
コラム

チアフルライター通信

チアフルライター

画家・絵本作家ミロコマチコ「いきものたちはわたしのかがみ」が開催中

絵本作家・画家 ミロコマチコの世界

絵本作家・画家 ミロコマチコの世界

こんにちは!美術館・博物館担当。チアフルライターの甲斐千代子です。

画面いっぱいに生物や植物をのびのびと描く作風で知られるミロコマチコさんの展覧会「いきものたちはわたしのかがみ」が神戸ゆかりの美術館で開催中です。

 

ミロコマチコさんは大阪府枚方市生まれ。デビュー絵本『オオカミがとぶひ』が第18回日本絵本賞大賞を受賞。その後も国内外の絵本賞や文芸賞を立て続けに受賞し、今最も注目されている画家・絵本作家の一人です。

会場には、近作・新作を中心とした絵画や絵本の原画、立体作品、アートディレクションなど200点以上の作品が並びます。

 

今回、ご本人にお話を伺うことができたので、そのコトバとともに展覧会を紹介します。

生きる力 自然から受け取る目に見えない生物

生きる力 自然から受け取る目に見えない生物

ミロコマチコさん。神秘的な空気を身にまとい、優しくも力強い目が印象的です。

 

「自分は生物として弱いという不安を抱えていた」というミロコさん。動物の生きる力強さや生命力にあやかりたいと、虎やライオンなど動物の絵を描いていたそうです。絵を描くことで動物と一体化し、自分も強くなった気がした。でもそれはごまかしでしかない。自分で生きるすべをちゃんと身につけた方がいいのではないか。

そのためには… 何もないところで生活したい、そう思っていた時に奄美大島と出会います。移り住んだのは2019年のこと。海で魚を釣ったり、庭で野菜を作ったり、地元の人たちと交流したり。徐々に生活への不安が解消されていきます。

 

ふと思う。私は何を描きたいのだろう… 自然から受け取る目に見えない生物だ。

 

奄美大島での生活は、ミロコさんの作風に大きな変化をもたらすことになりました。

 

画家・絵本作家ミロコマチコ「いきものたちはわたしのかがみ」が開催中

奄美大島で生まれた作品を見ていると、ふわふわ浮いているイメージ、躍動感も感じる、とお伝えすると

「正解!」と笑顔で答えてくれました。

「海や山の上から、今日はこの世界に何がいるんだろうと、感じる時間を作ります。風の向き、強さ、匂い、波の音の変化… 思い浮かんだ生き物は浮遊するものが多く、空を飛んでいたり、覆っていたりするんです」

指の先から絵の具が出たらいいのに! ライブペインティング

指の先から絵の具が出たらいいのに! ライブペインティング

会場には、2016年~21年にかけて制作された巨大なライブペインティングも並んでいます。

音楽家たちと共演し、即興で公開制作した作品です。

「即興の音楽が流れてきた時、自分がどう動くか。普段は外から感じたものを自分の中で消化してから出すが、ライブペインティングはもっと瞬発力が問われる。音を読み取ってシュッとだす。絵の具をチューブから出すのももどかしい。今「赤いぞ」と思っても、音楽はどんどん進んでいく。あ、「黒」になっちゃった。今は「ブルー」の時間だと。体の(あちこちから、直接)絵の具が出ればいいのにと思う」

森ごと表現したい!

森ごと表現したい!

絵本、絵画に、陶芸、染め物など、多彩な活動を続けるミロコマチコさん。今後について伺うと。

「森ごと表現したい!」

その心は!

「外で絵を描いて、全ての空気を取り込んで全部が作品になる。自分自身も絵の一部になって… 」

どんな作品が生まれるのか、今から楽しみです。

 

メッセージもいただきました。

「絵を見ると、この魚どうしてこんなことしているんだろうとか、どういう風に描いたんだろうとか、色々考えると思います。そんな時に、自分はどうなんだろうと、自分に照らし合わせてほしい。自分はどう感じるか、さらには、自分はどう生きているのかと、自分と対話する時間になればいいなと思います」

誰しもが楽しめる街神戸 ライブペインティングも開催

誰しもが楽しめる街神戸 ライブペインティングも開催

今回の展覧会開催に向けて、何度も神戸に足を運んだことで、神戸のイメージがはっきりしたそうです。

「海と山が近く、その間で人の営みがある、わかりやすい街。いろいろ集まっていて、例えば高架下には古着屋、金物屋、魚屋と並んでいて面白い。カテゴリーがあるわけでなく全部ゴチャっとある、多様性が良い。若者もおばちゃんも、誰しもが楽しい街、そこに魅力があるんだと思う」とのこと。

その神戸の街を舞台に、ライブペインティングが行われます。

 

LIVE PAINTING「海を混ぜるⅣ」

11月13日(土)14:00~16:00

会場:オルビスホール(神戸ゆかりの美術館 5階)

 

事前申し込みが必要です。10月23日(土)必着(応募多数の場合は抽選)です。

いきものたちはわたしのかがみ

いきものたちはわたしのかがみ

ミロコさんにとっての創作活動とは?

「その時の瞬発力かな。ふと思ったこと、感じたことをホッとだすのがうまくできたら気持ちがいいですね。」との返答。

自分をさらけ出すことに抵抗はないのか尋ねると、

「夢中になっているときは気づかないが、あとから思うと恥ずかしいと思うことはあります。(作品には)自分がそのまま出ているので、そういう意味でも『いきものたちはわたしのかがみ』なんです」

 

「いきものたちはわたしのかがみ」

会期:12月19日(日)まで

開館時間:10時~17時(最終入館時間16時30分

入場料:一般 1000円、大学生 500円、高校生以下無料

会場:神戸ゆかりの美術館

https://www.city.kobe.lg.jp/yukarimuseum/

 

展覧会公式サイト

https://mirocomachiko-cm.exhibit.jp/about/

 

コロナ対策をしっかりとしつつ、お楽しみください。

LINE公式アカウントで友だち募集中!

LINE公式アカウントで友だち募集中!

4月にスタートした、HANSHIN女性応援プロジェクトのLINE公式アカウント!

阪神沿線にお住まいの皆さんがもっと暮らしやすく活躍しやすくなるような情報やお得なプレゼント情報などをお届けします。

友だち追加をよろしくお願いします!

友だち追加

 

2021.10.14関連エリア 魚崎駅

2021.10.14
関連エリア
魚崎駅

BackNumber 過去のコラム

バックナンバーはこちら

コラム一覧はこちら
インタビュー一覧はこちら

Reccommendおすすめ記事

Project HANSHIN女性応援プロジェクトの取組み

  • 家事おたすけサービス
    家事おたすけサービス

    掃除、洗濯、料理などの家事を忙しいみなさんに代わって行い、女性にひと休みしていただけるよう、支援するサービスです。キャンペーン番号「275」でベアーズの家事代行などのサービスが5%OFF!

  • 子育てシェア
    子育てシェア

    AsMamaが展開する、ご近所の顔見知り同士で子どもの送迎や託児を頼り合う、 インターネットを使った安心・便利なサービスの普及を応援しています。

  • mama’s smile
    KID'S SMILE

    阪神電車と武庫川女子大学の産学連携プロジェクト。子育て中のご家族に役立つ沿線公園ガイド&遊びに関する情報が満載です。

チアフルサポーター募集中

Cheer*full Columnコラム

一覧を見る

Cheer*full Womanインタビュー

「美しさを感じるこころ」から育てたい  (こどもの書道教室 muku+ 河村綾子さん)

「美しさを感じるこころ」から育てたい  こどもの書道教室 muku+ 河村綾子さん

バックナンバーはこちら

公園ガイド

PAGE TOP