HOMEコラム / わたしサイズの住まいと暮らしづくり / 収納不足のお悩み改善!片付けやすい収納に変えていくためのチェックポイント

Cheer*full Column
コラム

わたしサイズの住まいと暮らしづくり

中川由紀子
一級建築士、インテリアコーディネーター一級建築士事務所みゆう設計室代表

収納不足のお悩み改善!片付けやすい収納に変えていくためのチェックポイント

収納不足のお悩み改善!片付けやすい収納に変えていくためのチェックポイント 主婦、母目線で住まいの設計をする建築士、みゆう設計室の中川です。

「収納が足りない!」「うまく収納できない!!」

と収納や片付けで悩む方はとても多いですね。

住宅設計するときも、インテリア相談の際にも、必ず収納のお悩みを伺います。

収納が足りないので収納家具を買おう!収納を作ろう!という人も多いのですが、片付けやすい収納にしなければ、結局またうまく片付けられなくなります。

年末大掃除で住まいを片付けやすく変える良い機会です!

あなたの家に不足しているのは何のための収納なのか。どこにどれだけ収納が必要なのか。片付けやすい収納に変えていくためのチェックポイントについて紹介します。

1)収納が不足する原因をチェック

1)収納が不足する原因をチェック まず最初に収納が不足する原因を探ってみましょう。

・家に収納スペースがない、少ない
・使う場所の近くに収納がない
・家の収納に対して物が多い

家にクローゼットや押入、収納家具が少ない場合。使う場所の近くに収納が無い。そのような場合、収納家具を増やす、もしくは作り替えると暮らしやすくなります。

収納はあるのだけど足りていないという場合は、物が多すぎるのか、多くは無いけれど収納する場所が足りていないのか見極めてみましょう。

2)物が溢れている場所をチェック

2)物が溢れている場所をチェック 収納が足りない!と感じるということは「ここに収納があったら良いのに」と感じる場所に物が溢れているのだと思います。では具体的に「どこ」で「何」が収納できずに溢れているのでしょうか。

片付いていないな、と感じる日に室内の写真を撮ってみましょう。

家を自分の目で見ると「散らかっているな・・・」と不快に感じるだけかもしれませんが、写真を通して家を見ると具体的に溢れ出てしまった物が何か見えてきます。

充電器、雑誌、文具、書類、郵便物・・・

床やカウンターの上に積まれている物、テーブルに出しっぱなしにしている物。
あなたの家で片付けられていないと感じた物は何でしたか?

3)苦手な片付け方をチェック

3)苦手な片付け方をチェック 人によって引き出し内に整えて片付けるのが好きな人もいますし、できるだけ扉の開閉が少ないOPEN棚にぽんっと置くだけの片付けが好きな人もいます。

基本的には片付けの作業動作が増えると面倒だと感じるもの。

自分にとってどの場所、どの高さにある収納が片付けにくいと感じているか、うまく片付けられない収納はなぜうまく片付けられないのか見直してみましょう。

私はどちらかというと「引き出し」の収納が苦手です。
「ここに片付けておけばいい」と思って油断すると物が増えてしまうからです。

4)不要な物を入れていないかチェック

4)不要な物を入れていないかチェック そして、意外と気づかないのが「不要な物」の収納。
意外と便利な収納スペースに1年くらい全く使わない物が置かれていることがあります。

この記事もチェック!「吊戸棚は必要?~キッチン収納のお悩み相談」
https://hanshin-woman.com/column/article.php?content_id=484

使わない物であれば処分するのも良し。
あまり使わない物は少し取り出しにくい場所に収納しても問題ないので、頻繁に使う物と置き場所を入れ替えてあげましょう。

ほとんど使わない物は、本当に置いておくべきか年に1回くらい見直しできるようにしておくと良いですね。

物が溢れるからといってすぐに収納を増やすのはやめよう

物が溢れるからといってすぐに収納を増やすのはやめよう 2)で撮った室内の写真を見て「溢れて片付かない物」はその近くに収納を設けてあげると良いのですが、近くに収納があるけれど他の物が入っていて収納できないだけかもしれません。

そこに全く収納が無い場合は「溢れて片付かない物」があった場所の近くに収納を設けてあげましょう。物を使う場所、置きっぱなしになりがちな場所に収納を設ければすっきり片付きやすくなります。

収納家具や収納スペースをただふやすのではなく、必要な場所に、片付けやすい収納を作ることが大事ですね。

明らかに不要な物が多いな、と思ったら年末大掃除で処分してすっきりしましょう。

ダイニングやキッチン、洗面所は収納が充実すると快適で暮らしやすくなりますよ。
そのような収納が充実した家を設計してほしい、という方はぜひ、みゆう設計室にお声掛けくださいね。

みゆう設計室 https://miyudesign.com/

2020.12.07関連エリア

2020.12.07
関連エリア

BackNumber 過去のコラム

バックナンバーはこちら

コラム一覧はこちら
インタビュー一覧はこちら

Reccommendおすすめ記事

Project HANSHIN女性応援プロジェクトの取組み

  • 家事おたすけサービス
    家事おたすけサービス

    掃除、洗濯、料理などの家事を忙しいみなさんに代わって行い、女性にひと休みしていただけるよう、支援するサービスです。キャンペーン番号「275」でベアーズの家事代行などのサービスが5%OFF!

  • 子育てシェア
    子育てシェア

    AsMamaが展開する、ご近所の顔見知り同士で子どもの送迎や託児を頼り合う、 インターネットを使った安心・便利なサービスの普及を応援しています。

  • mama’s smile
    KID'S SMILE

    阪神電車と武庫川女子大学の産学連携プロジェクト。子育て中のご家族に役立つ沿線公園ガイド&遊びに関する情報が満載です。

チアフルサポーター募集中

Cheer*full Columnコラム

一覧を見る

Cheer*full Womanインタビュー

「美しさを感じるこころ」から育てたい  (こどもの書道教室 muku+ 河村綾子さん)

「美しさを感じるこころ」から育てたい  こどもの書道教室 muku+ 河村綾子さん

バックナンバーはこちら

公園ガイド

PAGE TOP