HOMEコラム / わたしサイズの住まいと暮らしづくり / 換気の仕方、間違っているかも!?~安心、快適に暮らすための室内換気

Cheer*full Column
コラム

わたしサイズの住まいと暮らしづくり

中川由紀子
一級建築士、インテリアコーディネーター一級建築士事務所みゆう設計室代表

換気の仕方、間違っているかも!?~安心、快適に暮らすための室内換気

主婦、母目線で住宅設計をしている建築士、みゆう設計室の中川です。

夏になりエアコンを使用する日も増えていますが、みなさんはきちんと換気をしていますか?

新型コロナウィルス感染症の感染予防のための「新しい生活様式」の中で、日常生活で「こまめに換気」をすることが大事だと言われています。

「換気をする」ということは、窓をあけるということだけではありません。
住宅設計や住まいの相談を受ける中で「換気の仕方」を間違っている人が多く、室内のカビに悩んでいる人もよくみられます。

今回はみなさんが安心、快適に暮らすための「正しい換気」について紹介したいと思います。

なぜ換気が必要?

なぜ換気が必要? 「新しい生活様式」の中でも「こまめに換気」が必要だと言われていますが、なぜ換気が必要なのでしょうか。

換気とは「室内の空気を入れ替えること」です。
新しい空気を屋外から室内に取り込み、室内の汚れた空気を屋外に排出することで空気を入れ替えられます。

気密性が高くなった現在の住まいでは、室内の空気環境を整えるために換気がとても大事です。
内装建材や家具などから発散する、シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げるために、現在では機械換気設備を設ける法律も定められています。

きちんと換気をすることでカビの発生源となるホコリなども排出できますし、まだ正体が掴み切れていない新型コロナウィルスが室内に存在した場合もそのウィルス濃度を下げるために換気が効果的であると言われています。

換気には入口と出口が必要

換気には入口と出口が必要 換気には新しい空気を取り込む「入口」と、室内の汚れた空気を屋外に排出する「出口」が必要です。
換気をしよう、と1つの窓を全開にしただけでは家全体の換気はできません。
排出するための「換気扇」か「出口となる窓」が換気には必要なのです。

つまり窓をあけるだけで空気の入替ができる「風通しの良い家」を作るためには、空気の「入口となる窓」と「出口となる窓」が必要なのです。

窓をあけなくても換気ができる24時間換気システム

窓をあけなくても換気ができる24時間換気システム 2003年にはシックハウス対策として建築基準法で機械換気設備の設置が義務付けられました。住宅の場合は1時間あたりに部屋の空気の半分を入れ替えるための24時間換気システムが必要になります。


24時間換気システムには給気、または排気を機械換気する3つの方式があります。

第一種換気:給気(機械)→ 排気(機械)
第二種換気:給気(機械)→ 排気(自然・開口のみ)
第三種換気:給気(自然・開口のみ)→ 排気(機械)

一般的な住宅の場合、コストが抑えられるので、給気口から自然に空気を取り込む第三種換気を利用していることが多いです。

つまりこの24時間換気システムを正しく使えば、室内は必要量の換気をしていることになります。
でも、正しく使っていない家が多いのです。

給気口を閉じていると換気ができない

給気口を閉じていると換気ができない できるだけお風呂を使った後は換気扇を使ったりお風呂の窓をあけたりしているのだけれども、家にカビが発生しやすくて困っている。
そのような悩みを伺った家で「給気口をあけていない」ことがよくあります。

給気口をあけていると寒い、といわれ、家を建ててから一度もあけていないという人も。

どんなに換気扇を24時間動かしていても、換気のための入り口を閉じていたら
新しい空気を取り入れることができません。

これは排出する方の換気扇も同じ。フィルターが汚れて詰まっていたら室内の空気を排出できません。

家はこの給気口から屋外の空気を取り込んで換気することを想定して換気の計算をしています。

室内を安心できる空気環境にするためには24時間換気の換気扇を使うだけではなく、全ての部屋の給気口をきちんとあけておきましょう。

給気口がない家の場合は窓に換気框(かまち)がついていることがあります。

エアコンや空気清浄機で換気できるわけではない

また、エアコンに除菌効果がある、空気清浄機を使っているというので換気は必要ないと思っている方もいるようですが、空気清浄機は部屋の中の空気をフィルター等でろ過して部屋に戻しているだけなので、屋外の新しい空気を取り入れているわけではありません。

換気をして室内の空気を入替えることが前提であり、それに加えて空気清浄機を使うと室内環境がより良くなります。

換気機能のあるエアコンもありますが、部屋の一部で使用しても家全体の換気ができるわけではありませんので、必ず各室の給気口をあけて、新しい空気を入れ替えるようにしましょう。

正しく換気をして、安心な暮らしを

正しく換気をして、安心な暮らしを 「こまめに換気」することが必要だと「新しい生活様式」の中でも言われていますので、日常は機械換気を正しく使い、湿度の低いからっとした天気の良い日には窓を開けてたっぷり空気をいれかえてあげましょう。

換気の出口となる窓への空気の流れが悪い、という家の場合はキッチンの換気扇を回して出口としてあげればOK。

正しく換気をして、コロナウィルス感染への不安も減らして、室内環境を整えましょう!

窓の配置次第で風通しの良い家をつくることも可能です。
そのような家を設計してほしい、という方はぜひ、みゆう設計室にお声掛けくださいね。

みゆう設計室 https://miyudesign.com/

 

 

 

2020.08.03関連エリア

2020.08.03
関連エリア

BackNumber 過去のコラム

バックナンバーはこちら

コラム一覧はこちら
インタビュー一覧はこちら

Reccommendおすすめ記事

Project HANSHIN女性応援プロジェクトの取組み

  • 家事おたすけサービス 家事おたすけサービス

    掃除、洗濯、料理などの家事を忙しいみなさんに代わって行い、女性にひと休みしていただけるよう、支援するサービスです。キャンペーン番号「275」でベアーズの家事代行などのサービスが5%OFF!

  • 子育てシェア 子育てシェア

    AsMamaが展開する、ご近所の顔見知り同士で子どもの送迎や託児を頼り合う、 インターネットを使った安心・便利なサービスの普及を応援しています。

  • mama’s smile KID'S SMILE

    阪神電車と武庫川女子大学の産学連携プロジェクト。子育て中のご家族に役立つ沿線公園ガイド&遊びに関する情報が満載です。

チアフルサポーター募集中

Cheer*full Columnコラム

一覧を見る

Cheer*full Womanインタビュー

「自分の人生は素晴らしい」 感謝の想いを込めたプレゼントで愛の波紋を拡げてゆく (ハモン 新美早紀さん)

「自分の人生は素晴らしい」 感謝の想いを込めたプレゼントで愛の波紋を拡げてゆく ハモン 新美早紀さん

バックナンバーはこちら

公園ガイド

PAGE TOP