HOMEコラム / わたしサイズの住まいと暮らしづくり / 外出を控える今だからこそ!自宅にファミリーワークスペースをつくろう。

Cheer*full Column
コラム

わたしサイズの住まいと暮らしづくり

中川由紀子
一級建築士、インテリアコーディネーター一級建築士事務所みゆう設計室代表

外出を控える今だからこそ!自宅にファミリーワークスペースをつくろう。

外出を控える今だからこそ!自宅にファミリーワークスペースをつくろう。 主婦、母目線で住宅設計をしている建築士、みゆう設計室の中川です。

年度の変わり目で新しい生活が始まる方も多い時期ですが、今年は「新型コロナウイルス感染症」の対策として、休校措置、在宅リモートワーク等外出自粛で自宅にいる時間が増えていることでしょう。

未知の感染症と向き合うのでネガティブになりがちですが、自宅にいる時間が長くなるので、快適で心地良い住まいを家族で楽しく作る絶好の機会でもあります。

今回は在宅リモートワークがしやすく、お子さんの自宅学習も促せる「ファミリーワークスペース」について紹介したいと思います。

ファミリーワークスペースとは

みゆう設計室が設計する子育て世代の住宅には、ダイニングやサブリビングに「ファミリーデスク」を作る事例が多くあります。子ども部屋で勉強ができるようになるまで、宿題や学校の荷物のチェックはダイニング付近が良いと思われている方が多いからです。

実際はお子さん以上に、パソコン作業や書類管理のために大人がファミリーデスクを使う家が多いようです。

ファミリーワークスペースに設けるもの

ファミリーワークスペースに設けるもの ファミリーワークスペースにはデスクに加えて
子ども用に
・ランドセル、教科書等収納用ワゴン
・文具収納用の引出し

大人用に
・プリンター収納
・モバイル充電コーナー
・モデム、Wi-Fiなどのステーション
・ノートパソコン収納
・書類管理用の収納

などを設けます。

ランドセルワゴンは後々子ども部屋に移動して使うことも可能ですし、大人のバッグや書類などを収納する方もいます。

ファミリーワークスペースをつくるとよい場所

ファミリーワークスペースをつくるとよい場所 ダイニングの横に小さめのデスクを設けるだけでもワークスペースはできますが、快適で、かつ家族皆が活用できるファミリーワークスペースをつくるためには「収納」と「ネットワーク環境・電源」「仕事や勉強が捗る環境の良い場所」が必要です。

私が自宅事務所で仕事をしていた頃、最初はリビングから離れた個室にワークスペースを設けたのですが、温熱環境が悪くて仕事が捗らないことがありました。集中できる空間を作るためには、家の中の「心地良い」と感じる場所にワークスペースを作るほうが良いと思います。さらにネットワーク環境が整った場所の方が良いので、やはりリビングダイニング付近にファミリーワークスペースを設けるのが最適でしょう。

リモートワークに適したワークスペース

リモートワークに適したワークスペース ビデオ会議を行うリモートワークに適したワークスペースは「背面」がカギになります。
ワークスペースを作る時は壁面を向くデスクを設けることが多いのですが、ビデオ会議をするときに写ってしまう背景は見る方も写す方も気になってしまいますよね。背景をぼかす機能を使うこともあるようですが、生活感溢れる家が写るより「壁」が写った方が良いと思います。また、背景が窓になると逆光になるのも注意。

写真は窓際にベンチソファを設けた事例ですが、この空間が日当り良くとても心地よいため、ダイニングに設けたものとは別の、2つ目のファミリーワークスペースになったと聞いています。

メインのファミリーワークスペースを拠点にして、家の心地良い場所に折り畳みデスクやちゃぶ台などを置いて勉強するのも良いですよね。心地良い場所探しは子どもが得意としているもの。勉強をする場を与えるのではなく、集中できる場所をお子さんに探してもらうと良いですよ。

外出自粛の今だからこそ、住まいの見直しを

外出自粛の今だからこそ、住まいの見直しを 襖で隠せる和室にワークスペースを作るべきか、ダイニングに作るべきかという家づくりの悩みを最近伺っていましたので、家族皆で使えるファミリーワークスペースについて設計の実例からご紹介しました。

家を心地よくするための模様替えや掃除や片付けなどは体力をつかいます。なかなか外出できないという今だからこそ、お子さんと一緒に考えながら住まいの見直しをしてみませんか。まずはどの場所だと勉強が捗る!?どの場所で遊びたい!?お子さんに聞いてみてください。

暖かくなってお掃除もしやすい季節なので、掃除や片付けをして快適に楽しめる空間ができたらその場所で遊んでOK、というようにゲーム感覚で子どもと家事を楽しむのも良いと思います。

「親子で住まいを見直しする方法」に関連するコラム

チアフルカフェで今まで書いた「親子で住まいを見直しする方法」に関連するコラムをまとめましたので、ぜひこちらもご覧くださいね。


夏休みに親子で住まいを見直そう!居心地の良いリビングダイニングづくり
(2018年8月掲載)

広くリビングを使いたい!~動線改善、プロによるインテリア相談
(2018年6月掲載)

新年度に向けて家族みんなで子ども部屋づくりを楽しもう
(2018年2月掲載)

新1年生の子ども空間づくり~学習机やランドセル収納、どうする?
(2017年3月掲載)

掃除や片付けの仕方を考えるのが大変な時は家事代行サービスなどでプロに頼んでみるのもひとつの方法です。お子さんにとっても家や生活の事を学ぶチャンスです。この機会を活かして、心地良い住まいづくりを家族と楽しんでみましょう。

2020.04.06関連エリア

2020.04.06
関連エリア

BackNumber 過去のコラム

バックナンバーはこちら

コラム一覧はこちら
インタビュー一覧はこちら

Reccommendおすすめ記事

Project HANSHIN女性応援プロジェクトの取組み

  • 家事おたすけサービス
    家事おたすけサービス

    掃除、洗濯、料理などの家事を忙しいみなさんに代わって行い、女性にひと休みしていただけるよう、支援するサービスです。キャンペーン番号「275」でベアーズの家事代行などのサービスが5%OFF!

  • 子育てシェア
    子育てシェア

    AsMamaが展開する、ご近所の顔見知り同士で子どもの送迎や託児を頼り合う、 インターネットを使った安心・便利なサービスの普及を応援しています。

  • mama’s smile
    KID'S SMILE

    阪神電車と武庫川女子大学の産学連携プロジェクト。子育て中のご家族に役立つ沿線公園ガイド&遊びに関する情報が満載です。

チアフルサポーター募集中

Cheer*full Columnコラム

一覧を見る

Cheer*full Womanインタビュー

「美しさを感じるこころ」から育てたい  (こどもの書道教室 muku+ 河村綾子さん)

「美しさを感じるこころ」から育てたい  こどもの書道教室 muku+ 河村綾子さん

バックナンバーはこちら

公園ガイド

PAGE TOP