HOMEコラム / わたしサイズの住まいと暮らしづくり / 片付けやすい家を作るには~新築・リフォームの収納計画

Cheer*full Column
コラム

わたしサイズの住まいと暮らしづくり

中川由紀子
一級建築士、インテリアコーディネーター一級建築士事務所みゆう設計室代表

片付けやすい家を作るには~新築・リフォームの収納計画

主婦、母目線で住宅設計をしている一級建築士、みゆう設計室の中川です。

住まいの悩みについて質問すると「収納不足」や「片付けがうまく行かない」と言われる方がとても多く見られます。新築、リフォームをする際に「収納を多く設けたい!」という要望がとても多いのですが、収納スペースが多ければ片付けやすい家になるとは限らないのです。

それでは、あなたにとって片付けやすい家を作るにはどうしたらよいでしょうか。

1)今の家で片付いていないものは何ですか?

1)今の家で片付いていないものは何ですか? 1)今の家で片付いていないものは何ですか? まずは今の家で片付かなくて困っているもの、逆にうまく片付いているものは何か家族で確認してみましょう。室内を写真に撮ると片付いていないものを認識しやすいのでオススメです。

リビングの床に置いてあるバッグ、テーブルの上に置かれた郵便物、スマートフォンの充電器やリモコン。キッチンのストックが収納しきらない家や、衣類が入りきらない家もあります。
今収納できなくて困っているもの、今上手く収納できているものどちらの収納スペースもあれば片付けやすい家になるはずです。

2)奥行や高さなど収納のサイズは適していますか?

2)奥行や高さなど収納のサイズは適していますか? 2)奥行や高さなど収納のサイズは適していますか? 収納不足なだけでなく、収納スペースはあるのに収納するもののサイズに合わないという「片付けにくい家」も多く見られます。

また、高さ方向を上手に使えず、段ボール箱や衣装ケースなどを積み重ねて収納するケースも見られます。

収納からものを取り出すときに、他のものを移動させなければ取り出せないのは「うまく片付けられない」原因のひとつです。とりあえず大きい収納を設ければ何でも収納できる、という発想はやめて、収納するものに適した奥行で棚を活かした収納を作ると良いでしょう。

3)自分にとって片付けやすいですか?

3)自分にとって片付けやすいですか? 3)自分にとって片付けやすいですか? コート掛け収納はあるけれど、クローゼットドアを開けてコートをハンガーにかけるという作業が億劫で、帰宅後ついついソファの上にコートを置いてしまう、という人もいます。バッグを置いて扉をあけるという動作を面倒だと感じてしまうようです。

そのような場合、扉の開け閉めをせず、オープン収納棚にまずバッグを置いて、その場でコートを引っかけるくらい簡単な収納の方が片付けできると思います。収納部屋にしたり、収納の位置を工夫したりすることで過ごす場所から見えない収納にすることも可能。

どんな方法なら、今片付けられないものを片付ける習慣が身に着くか。

夫婦でも親子でも片付けの癖は異なります。うまく片付かないことでお互いがストレスを抱えるよりも、その人の片付けの癖に合わせた収納を作った方が良いと思います。

とりあえず収納をやめて、よく使う物中心の収納スペースを作ろう

とりあえず収納をやめて、よく使う物中心の収納スペースを作ろう とりあえず収納をやめて、よく使う物中心の収納スペースを作ろう 片付けやすい家を作るには、まずはよく使うものの近くに取り出しやすい収納を作ること。そうすれば片付けもしやすくなるはずです。

キッチン付近にとりあえず収納を。玄関にとりあえず収納スペースを。

というように、とりあえず収納面積だけを確保しても取り出しやすく片付けやすい収納になるとは限りません。頻繁に使わないものは少し奥まった収納場所に片付けるのでも良いのです。

まずはよく使うものと今片付かないものを中心に収納スペースを作ることをおすすめします。あなたたちの暮らしに合う収納しやすい家を作ってくださいね!

片付けやすい住まい(新築・リフォーム)のご提案をしてほしい!という方はみゆう設計室にお声掛けください。

みゆう設計室 https://miyudesign.com/

2024.02.01関連エリア

2024.02.01
関連エリア

BackNumber 過去のコラム

バックナンバーはこちら

コラム一覧はこちら
インタビュー一覧はこちら

Reccommendおすすめ記事

Project HANSHIN女性応援プロジェクトの取組み

  • チアフル親子カフェ
    チアフル親子カフェ

    0~2歳児の親子を対象にワークショップや歌遊びなどが楽しめるイベントを沿線各所で開催しています。参加者同士の交流タイムもあり、同年代のお子様を持つママ同士で子育てに関する情報交換ができるなど、子育て世代の女性がホッと一息つける場を提供します。

  • スキルアップサロン
    スキルアップサロン

    子育て・仕事・家事など、様々な活動を頑張る女性をターゲットに、復職後の働き方の工夫や家事育児の棚卸しなど、女性のスキルアップに役立つセミナーと料理教室をセットで実施する、参加者が楽しく学んで交流できるイベントです。

  • 子育てシェア
    子育てシェア

    AsMamaが展開する、ご近所の顔見知り同士で子どもの送迎や託児を頼り合う、 インターネットを使った安心・便利なサービスの普及を応援しています。

  • mama’s smile
    KID'S SMILE

    阪神電車と武庫川女子大学の産学連携プロジェクト。子育て中のご家族に役立つ沿線公園ガイド&遊びに関する情報が満載です。

チアフルライター紹介

Cheer*full Columnコラム

一覧を見る

Cheer*full Womanインタビュー

子どもたちに輝く未来を描いてもらいたい!そして街を、社会を教室に変えてゆく(YORI house 山﨑 頼子)

子どもたちに輝く未来を描いてもらいたい!そして街を、社会を教室に変えてゆくYORI house 山﨑 頼子

バックナンバーはこちら

公園ガイド

HANSHIN女性応援プロジェクトの
LINE公式アカウントでは、沿線のイベント情報やおでかけ・グルメ情報をお届けするほか、プロジェクトを一緒に盛り上げるための企画・募集情報などを随時発信!
沿線のおすすめスポット、グルメ、公園などの取材、ライター活動やイベントのお手伝い、交流会など、様々な活動に参加できます。

月替わりのプレゼントキャンペーンも
実施中!

他にもtwitter、Instagram、Facebookなどで
情報発信中!

Instagram

PAGE TOP