HOMEコラム / わたしサイズの住まいと暮らしづくり / あかりの明るさや色、機能から照明器具を選ぶ方法~スマート照明もおすすめ!

Cheer*full Column
コラム

わたしサイズの住まいと暮らしづくり

中川由紀子
一級建築士、インテリアコーディネーター一級建築士事務所みゆう設計室代表

あかりの明るさや色、機能から照明器具を選ぶ方法~スマート照明もおすすめ!

主婦、母目線で住宅設計をしている一級建築士、みゆう設計室の中川です。

家を建てる時、リフォームする時に「照明器具の選び方が分からない」というお悩みを伺います。
前回の住まいコラムではシンプルでおしゃれなインテリアを作る照明器具の種類とデザインについて紹介しましたが、今回はあかりの色、明るさ、機能から照明器具を選ぶ方法や注意点について紹介します。

1)照明器具を選ぶポイント、何を照らすか

1)照明器具を選ぶポイント、何を照らすか 1)照明器具を選ぶポイント、何を照らすか 照明器具を選ぶときに一番大事なのは「何を照らすための照明なのか」ということです。

部屋全体を明るくするために照らす照明、勉強するときに手元を照らす照明、食卓やキッチンの手元を照らす照明、洗面所で顔が自然に見えるように照らす照明、飾るものを見せるために照らす照明、防犯のために照らす照明。

それぞれの空間で何を照らすための照明なのか考えます。

ダウンライトを選ぶときも、キッチンの手元や、壁面やカウンターに飾るものを照らすときは「集光タイプ」を選び、部屋全体を照らしたいときは「拡散タイプ」を選びます。その目的に合う照明器具や照明の機能を選ぶと良いでしょう。

2)照明器具を選ぶポイント、色合い

2)照明器具を選ぶポイント、色合い 2)照明器具を選ぶポイント、色合い 照明器具の色合いで空間の心地よさや作業の集中しやすさが変わります。

青みのある「昼光色」は細かい作業や集中力を高める場での照明に適しています。
昼光色よりも青みが少なく、太陽光に近くて白い光になるのが「昼白色」。
朝日や夕日のようなオレンジ系の温かみがあるものが「電球色」で、落ち着いた雰囲気となり目が疲れにくいのが特徴です。

最近は自然光に近い「昼白色」と温かみのある「電球色」の間の「温白色(おんぱくしょく)」の照明も増えています。

昼白色は自然光に近いので良いと言われてきましたが、夜に太陽光と同じ色味の照明の部屋にいるよりも「温白色」の方が温かみがありリラックスできると思うので、私は温白色の照明をベースにして照明のご提案をすることが多いです。

3)照明器具を選ぶポイント、明るさ

3)照明器具を選ぶポイント、明るさ 3)照明器具を選ぶポイント、明るさ 照明器具を選ぶときに明るさの目安とされているのが「60W(ワット)」というように表記されるワット数なのですが、このワット数は白熱電球の消費電力を示したもの。白熱電球は消費電力によって明るさが変わったため、電球の明るさの基準としてワット数が使われていました。

現在では明るさの単位である「lm(ルーメン)」で照明の光の量が示されるようになりました。
ルーメン表記だと分かりにくい場合は、「〇W(ワット)相当」と電球や照明器具に書かれることが多いので、それを参考値にすると良いでしょう。

照明の色合いによっても明るさの感じ方が変わることがありますので、家を建てる時やリフォームする時は比較的明るめの照明計画にしておいて、明るさを変えられる調光機能を持たせるのも良いと思います。

4)スイッチのオンオフのしやすさ

4)スイッチのオンオフのしやすさ 4)スイッチのオンオフのしやすさ 新築やリフォームをするときの照明計画で一番難しいのがこのスイッチの位置、種類かもしれません。

回遊動線の間取りやLDKを広く設ける間取りも増えていますので、スイッチを数か所に設けるケースも増えています。ただ、たくさんのスイッチがあるとどのスイッチだったかな?と混乱することも多いですよね。間取りによっては玄関や2階の廊下、パントリーなどの収納空間、回遊動線となる場所は人感センサーにすることをオススメしています。

最近はリモコンやスマートフォンで照明器具のオンオフや調光調色ができるスマート照明が増えています。私も利用していますが、寝る時にスマートフォンで照明を消せるのがとても便利ですよ!今までは温かみのある電球色の照明が好きでしたが、色も明るさも選べる照明器具や電球を選んでおいて、手元のスマートフォンでその状況に合わせた明るさや雰囲気を楽しめるようになったのがとても良いと思っています。

変化にも対応できるように

変化にも対応できるように 変化にも対応できるように 私が住宅設計の仕事を始めた頃に比べ、照明器具の機能はかなり変わってきたと思います。

先ほど紹介したスマートフォンで操作できるスマート照明だけでなく、音楽が流れるスピーカー付きの照明や、プロジェクター付きの照明などもあります。
逆にLED照明など10年くらい器具や電球を変えずに使える照明器具もあります。

高齢になれば、さらに明るさが必要になることもあります。
照明器具1つでも暮らしやすさ、心地よさが変わりますので、その時々に合わせて照明器具を変えることも踏まえて家と向き合うと良いのではないかなと私は思います。

照明計画は照明器具メーカーに提案してもらうことも可能です。ショールームで照明の明るさや色味、新たな機能を実際に体験するのもオススメですよ!

照明も含めた新築やリフォーム等の住まいのご提案をしてほしい!という方はみゆう設計室にお声掛けくださいね。

みゆう設計室 https://miyudesign.com/

前回の住まいコラム:照明器具の種類について

2023.12.06関連エリア

2023.12.06
関連エリア

BackNumber 過去のコラム

バックナンバーはこちら

コラム一覧はこちら
インタビュー一覧はこちら

Reccommendおすすめ記事

Project HANSHIN女性応援プロジェクトの取組み

  • チアフル親子カフェ
    チアフル親子カフェ

    0~2歳児の親子を対象にワークショップや歌遊びなどが楽しめるイベントを沿線各所で開催しています。参加者同士の交流タイムもあり、同年代のお子様を持つママ同士で子育てに関する情報交換ができるなど、子育て世代の女性がホッと一息つける場を提供します。

  • スキルアップサロン
    スキルアップサロン

    子育て・仕事・家事など、様々な活動を頑張る女性をターゲットに、復職後の働き方の工夫や家事育児の棚卸しなど、女性のスキルアップに役立つセミナーと料理教室をセットで実施する、参加者が楽しく学んで交流できるイベントです。

  • 子育てシェア
    子育てシェア

    AsMamaが展開する、ご近所の顔見知り同士で子どもの送迎や託児を頼り合う、 インターネットを使った安心・便利なサービスの普及を応援しています。

  • mama’s smile
    KID'S SMILE

    阪神電車と武庫川女子大学の産学連携プロジェクト。子育て中のご家族に役立つ沿線公園ガイド&遊びに関する情報が満載です。

チアフルライター紹介

Cheer*full Columnコラム

一覧を見る

Cheer*full Womanインタビュー

子どもたちに輝く未来を描いてもらいたい!そして街を、社会を教室に変えてゆく(YORI house 山﨑 頼子)

子どもたちに輝く未来を描いてもらいたい!そして街を、社会を教室に変えてゆくYORI house 山﨑 頼子

バックナンバーはこちら

公園ガイド

HANSHIN女性応援プロジェクトの
LINE公式アカウントでは、沿線のイベント情報やおでかけ・グルメ情報をお届けするほか、プロジェクトを一緒に盛り上げるための企画・募集情報などを随時発信!
沿線のおすすめスポット、グルメ、公園などの取材、ライター活動やイベントのお手伝い、交流会など、様々な活動に参加できます。

月替わりのプレゼントキャンペーンも
実施中!

他にもtwitter、Instagram、Facebookなどで
情報発信中!

Instagram

PAGE TOP