HOMEコラム / わたしサイズの住まいと暮らしづくり / 家族みんな安心!帰宅動線の良い、手洗いとコート掛けのある玄関がおすすめ。

Cheer*full Column
コラム

わたしサイズの住まいと暮らしづくり

中川由紀子
一級建築士、インテリアコーディネーター一級建築士事務所みゆう設計室代表

家族みんな安心!帰宅動線の良い、手洗いとコート掛けのある玄関がおすすめ。

主婦、母目線で住宅設計をしている建築士、みゆう設計室の中川です。

コロナ禍になり特に要望が増えているのが帰宅動線の良い家。

家に帰ってできるだけ早く手洗いうがいをしたい、コートを持ち込まずに室内に入りたい、という人が増えています。リビングにコートやバッグの行き場がなくて散らかってしまう家にもおすすめの間取りです。

今回は「帰宅動線の良い家」の実例とそのメリットについて紹介します。

帰宅動線の良い家とは

帰宅動線の良い家とは 帰宅動線とは、家に帰ってからの荷物の片付け、手洗いうがいなどの動きのこと。

玄関付近でコートやバッグ類を片付け、すぐに手洗いうがいができ、また買い物したものがすぐに片づけられる家にすると帰宅動線が良くなります。

その中でも「コート掛け」と「玄関近くの手洗い」を設けた家が今とても人気があります。

玄関に設けた手洗い

玄関に設けた手洗い 玄関付近に手洗いがあると、帰宅して室内に入る前に手洗いうがいができるので安心。お客さんが来られた時も室内に入る前に使ってもらえて、洗面所に人を通さずに済みます。

ポイントとしては玄関から丸見えにならないこと。

あまり小さいボウルだと水撥ねを起こすこともあるので、男の子が多い家では大き目の手洗いをつけるケースが多いです。

玄関にコート掛け

玄関にコート掛け もともと花粉症の人から要望が多かった玄関のコート掛け。帰宅して、玄関付近にコートを脱いでかけておく場所があれば、室内に花粉や屋外の汚れなどを持ち込まなくて済みます。

最近はバッグ類も玄関付近に置いておきたいという人が増えました。

写真の事例では、スポーツバッグやお習字などの習い事の道具、仕事用のバッグなども置ける玄関収納を設けました。

コロナ禍だから必要になったわけではない

コロナ禍だから必要になったわけではない 以前チアフルカフェのコラム「もっとお友だちを呼びやすい家に!~手洗いの場所を考える(2016.09.21更新)」でも書いているように、玄関付近に手洗いやコート掛けを設けた家はコロナ禍だから必要になったわけではありません。帰宅時・来客時・遊びが終わった後など気軽に使える手洗いが洗面所とは別にあると安心して子育てができると思います。

これから家づくりをしよう、という方はぜひこのような帰宅動線の良い家を検討してみてくださいね!帰宅動線の良い家を作りたい、という方はぜひみゆう設計室にお声掛けください。

みゆう設計室 https://miyudesign.com/

2022.04.01関連エリア

2022.04.01
関連エリア

BackNumber 過去のコラム

バックナンバーはこちら

コラム一覧はこちら
インタビュー一覧はこちら

Reccommendおすすめ記事

Project HANSHIN女性応援プロジェクトの取組み

  • 家事おたすけサービス
    家事おたすけサービス

    掃除、洗濯、料理などの家事を忙しいみなさんに代わって行い、女性にひと休みしていただけるよう、支援するサービスです。キャンペーン番号「275」でベアーズの家事代行などのサービスが5%OFF!

  • 子育てシェア
    子育てシェア

    AsMamaが展開する、ご近所の顔見知り同士で子どもの送迎や託児を頼り合う、 インターネットを使った安心・便利なサービスの普及を応援しています。

  • mama’s smile
    KID'S SMILE

    阪神電車と武庫川女子大学の産学連携プロジェクト。子育て中のご家族に役立つ沿線公園ガイド&遊びに関する情報が満載です。

チアフルサポーター募集中

Cheer*full Columnコラム

一覧を見る

Cheer*full Womanインタビュー

「美しさを感じるこころ」から育てたい  (こどもの書道教室 muku+ 河村綾子さん)

「美しさを感じるこころ」から育てたい  こどもの書道教室 muku+ 河村綾子さん

バックナンバーはこちら

公園ガイド

PAGE TOP