HOMEコラム / 快適な暮らし作り「片付けキャンパス」 / 新年度に向けて「自分で片付けできる」子どもに。

Cheer*full Column
コラム

快適な暮らし作り「片付けキャンパス」

利創庫事務局
阪神電気鉄道株式会社 新規事業推進室

新年度に向けて「自分で片付けできる」子どもに。

新年度に向けて「自分で片付けできる」子どもに。 新年度に向けて「自分で片付けできる」子どもに。 「さっき片付けたのに、またおもちゃが散らばってる!」
こう叫んだ経験、ありませんか?

分別して収納するように指示しても、いまいち子どもには伝わらなくて、結局ぐちゃぐちゃ。
幼稚園・保育園・小学校の準備は自分でさせたいけど、このままで大丈夫!?と心配になることも。

今回は子どもが自分で片付けやすい収納法をご紹介します。
新年度に向けて、身の回りのことを自分でできる習慣をつけたいですね。

大人と子どもではカテゴリが違う!?

子どもが小さいうちは、「引き出し別にカテゴリを決めて」と親が収納のルールを決めてもなかなか上手くいかず、結局どこの引き出しもぐちゃぐちゃになってしまうことが多いもの。
「ママ!あの車がない!」などと毎回毎回聞かれることも。

これは「大人が決めたカテゴリ分けを子どもが理解できていない」ということが原因です。

たとえば、大人の価値基準で「これは『人形』、これは『車』…」と決めたとします。しかしその人形を車に乗せて遊んだ場合、子どもはそれらを同じカテゴリだと感じてしまうでしょう。
それ以外にも、子どもは大人が思いもよらない方法で子どもなりのカテゴリ分けをしている可能性があるのです。

簡単!「色別収納」で片付け

簡単!「色別収納」で片付け 簡単!「色別収納」で片付け 「おもちゃを片付ける習慣」をつけさせたい、でも細かいカテゴリ分けはまだ難しい。

そんな微妙な時期におすすめなのが「色別収納」です。

方法は

(1)大きめの箱やかごをいくつか準備する
(2)その箱を色分けする
(3)おもちゃの色ごとにその箱に放り込んでいく

箱を色分けするためには、折り紙を貼る、そもそも色違いの箱を買うなど、「ぱっと見てわかる状態」にするのがポイントです。

ブロックやままごとセットなど、色別にばらばらにしてしまう場合は、色の付いた大きめの巾着などに入れ、巾着の色に従って分類するといいでしょう。

「収納」は成長に合わせて柔軟に

この「色別収納」は特に小さな子どもにおすすめです。

成長するにつれ、大人が分けたカテゴリについても、少しずつ理解してくれるようになります。
そのタイミングで、カテゴリ別収納にステップアップするとスムーズに収納ルールが身に付きます。

さらに大きくなってきたら、子どもと話し合いながらカテゴリを決めるといいでしょう。
その頃には遊び方のルールなども話し合えるようになっているかもしれません。

「収納」は目的ではなく、あくまでも快適に暮らすためのツール。
子どもの年齢や個性に応じて、柔軟に収納方法を変えていくことが大切です。そうすると自然と子どもにも片付けの習慣が付いていきますよ。

2017.03.07関連エリア

2017.03.07
関連エリア

BackNumber 過去のコラム

バックナンバーはこちら

コラム一覧はこちら
インタビュー一覧はこちら

Reccommendおすすめ記事

Project HANSHIN女性応援プロジェクトの取組み

  • チアフル親子カフェ
    チアフル親子カフェ

    0~2歳児の親子を対象にワークショップや歌遊びなどが楽しめるイベントを沿線各所で開催しています。参加者同士の交流タイムもあり、同年代のお子様を持つママ同士で子育てに関する情報交換ができるなど、子育て世代の女性がホッと一息つける場を提供します。

  • スキルアップサロン
    スキルアップサロン

    子育て・仕事・家事など、様々な活動を頑張る女性をターゲットに、復職後の働き方の工夫や家事育児の棚卸しなど、女性のスキルアップに役立つセミナーと料理教室をセットで実施する、参加者が楽しく学んで交流できるイベントです。

  • 家事おたすけサービス
    家事おたすけサービス

    掃除、洗濯、料理などの家事を忙しいみなさんに代わって行い、女性にひと休みしていただけるよう、支援するサービスです。キャンペーン番号「275」でベアーズの家事代行などのサービスが5%OFF!

  • 子育てシェア
    子育てシェア

    AsMamaが展開する、ご近所の顔見知り同士で子どもの送迎や託児を頼り合う、 インターネットを使った安心・便利なサービスの普及を応援しています。

  • mama’s smile
    KID'S SMILE

    阪神電車と武庫川女子大学の産学連携プロジェクト。子育て中のご家族に役立つ沿線公園ガイド&遊びに関する情報が満載です。

チアフルライター紹介

Cheer*full Columnコラム

一覧を見る

Cheer*full Womanインタビュー

“親の役割”を思い出して幸福感に満たされる インタビューサービス「声のアルバム」( 3good(スリーグッド)光川和子さん)

“親の役割”を思い出して幸福感に満たされる インタビューサービス「声のアルバム」 3good(スリーグッド)光川和子さん

バックナンバーはこちら

公園ガイド

HANSHIN女性応援プロジェクトの
LINE公式アカウントでは、沿線のイベント情報やおでかけ・グルメ情報をお届けするほか、プロジェクトを一緒に盛り上げるための企画・募集情報などを随時発信!
沿線のおすすめスポット、グルメ、公園などの取材、ライター活動やイベントのお手伝い、交流会など、様々な活動に参加できます。

月替わりのプレゼントキャンペーンも
実施中!

他にもtwitter、Instagram、Facebookなどで
情報発信中!

Instagram

PAGE TOP